ツイキャス

ツイキャスの録画が見られない?録画の見方と見られないときの対処法!

リアルタイムでライブ配信を楽しめるツイキャス。キャス主とのやり取りがリアルタイムで行えるのが魅力ですが、忙しくてなかなか配信を見られないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方に用意されているのが、過去の配信を試聴できる「録画」という機能。しかしこの録画が、なぜか見られないことがあります。

この記事ではツイキャスの録画の試聴方法と併せて、録画が見られない原因と対処法について解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

ツイキャスの録画とは

ツイキャスではリアルタイムで配信が見られなかったビュワー向けに、録画を設けています。仕事や学校などでどうしても視聴できないという方にとっては嬉しい仕組みです。

録画のイメージ

録画はキャス主のページに一覧で表示されています。お茶を投げたりコンテニューコインを投げたりすることはできませんが、好きなキャス主の配信を後から見直せるのが魅力です。

ツイキャスの生配信で過去の録画を見る方法

ツイキャスではパソコンはもちろん、リリースされているスマートフォンアプリからでも録画を視聴できます。この項目では、過去の録画を見る方法についてご紹介します。

スマートフォンアプリで過去の録画を見る方法

スマートフォンアプリで過去の録画を見る方法は少々複雑です。キャス主を検索してからページに入り、そこからさらに操作を行う必要があります。

スマートフォンアプリで過去の録画を見る方法

キャス主のページに移動したら、ページ上部にあるキャス主の名前をタップします。下からポップアップメニューが表示されるので、再度キャス主の名前をタップしましょう。

ポップアップメニューの表示内容が変わり、過去の生配信の録画が一覧で表示されます。一覧の中から目的の録画を選択して視聴しましょう。

パソコンで過去の録画を見る方法

パソコンで過去の録画を見る場合、まずはトップページ上部にある検索窓から録画を見たいキャス主名を入力します。

パソコンで過去の録画を見る方法

キャス主名を入力すると候補のキャス主が何人か表示されますので、目的のキャス主名をクリックしましょう。

キャス主名をクリックするとキャス主のページに移動できるので、『ライブ履歴』を選択します。過去の生配信の録画が一覧で表示されるので、目的の録画を視聴しましょう。

ツイキャスの録画が見られない2つの理由

目的のキャス主のページにアクセスして過去の配信の録画を見ようとしても見られないことがあります。この項目では、ツイキャスの録画が見られない2つの理由をご紹介します。

「録画は公開されていません」と出る理由

キャス主はライブ配信を終えた後、その配信を録画するか削除するかを選択できます。また、「録画する」を選択した後、さらに公開するかしないかを選択可能です。

サムネイルに「動画」が無いと視聴不可

キャス主が「公開しない」を選択した場合、動画のページに移動しても「録画は公開されていません」と表示されて視聴できません。

公開されていない録画はサムネイルに「録画」のマークが表示されないので、サムネイルで見分けましょう。視聴できる録画はサムネイルに「録画」のマークが表示されています。

「閲覧するには合言葉が必要です。」と出る理由

キャス主は作成した録画を、特定のビュワーにのみ公開する設定を行えます。その際に設定されるのが合言葉です。

閲覧するには合言葉が必要です。」と表示される動画を閲覧するには、キャス主から合言葉を教えてもらわなければなりません。

鍵のアイコンがある動画は合言葉が必要

合言葉が必要な録画は、サムネイルの下に鍵のアイコンが表示されています。

サムネイルに「動画」と表示され、鍵マークが無いのに視聴できないとき

ツイキャスは短い時間のなかでアクセスが集中すると、一時的に録画の視聴が制限されます。視聴できない場合は、しばらく待ってから再度アクセスしましょう。

しばらく待ってからアクセスしても視聴できない場合は「お問い合わせ」に連絡をします。お問い合わせで記載する内容は下記の通りです。

  • 名前
  • Email
  • アカウントID
  • 件名
  • 問い合わせの内容
  • 具体的な内容
  • 録画の配信者のアカウント
  • 録画のタイトル、日にち、時刻

なお、対応時間は平日10:00~18:00です。電話や訪問による回答は行っていないので留意しておきましょう。

録画機能を使って見逃した配信を楽しもう!

ツイキャスの録画が見られない理由は「キャス主が公開設定を行っていない」ことと「キャス主が特定のビュワーにしか公開していない」ことの2つです。

いずれもサムネイルから判断できるので、サムネイルに「録画」と記載されており、かつ鍵マークが無い録画を視聴しましょう。

また、視聴が可能な録画であっても、アクセスが集中している場合に見られないことがあるので注意しましょう。この記事を参考に、ぜひ録画の視聴を楽しんでみてください。