ツイキャス

ツイキャスの収益化はどうする?稼ぐための条件や設定などやり方を解説

タレントや芸能人もたまにライブ配信をするというツイキャス。

古株のライブ配信アプリですが、これからライブ配信をしようと考えている人が気になるのは「ツイキャスは稼げるか?」また「稼げるならどれくらい稼げる?」ということではないでしょうか?

そこで、今回はツイキャスで収益化する方法と、人気ツイキャス配信者の収入について解説します。

ツイキャスの収益化に必要な条件と設定

ツイキャスでお小遣い稼ぎを考えている人は、まずは収益化するために必要な条件や設定を確認しておく必要があります。

条件があるためすぐに収益化できない!

これからライブ配信をしたいと思っている初心者の方は「いつまでも収益化できない」という壁にぶつかってしまうかもしれません。

なぜなら、ツイキャスは条件を満たさなければ収益化できないからです。!

実はツイキャスはYouTubeの収益化とよく似ていて、直近3ヶ月間の累計視聴時間が100時間未満の場合は収益が発生しません。

また、18歳以下の場合もライブ配信はできますが収益を得ることができなくなっています。

ただし、キートスやキャスマーケット、ファンクラブなどの機能でも収益化できるようになっています。

視聴時間100時間の条件をクリアできなくても、カリスマ性のある人ならこうした機能を使って収益化することができるかもしれませんね。

収益化に必要な設定

ツイキャスで視聴者からのプレゼントである投げ銭を受け取り、収益化するためには前もって設定を済ませておきましょう。

まずはアイテムを受け取るための設定をします。

設定を開く

ツイキャスの配信用アプリ「ツイキャス LIVE」を開いたら、右下の設定ボタンから設定を開きましょう。

画面にアイテムを表示するを「ON」

スクロールして「アイテムの表示」の項目で、ボタンをタップしてON(青色)にします。画面上にアイテムが表示されていないと、視聴者は投げ銭できません。

「その他のライブ設定」に進む

続いて、上にスクロールして戻り「その他のライブ設定」をタップ。

アイテムの受け取りにチェック

ここではアイテムの受け取りの項目で「アイテム機能を有効にする」の横にチェックを入れます。これで投げ銭を受け取れるようになりました!

換金するための準備

ツイキャスで収益が発生したら、いよいよ換金!…なのですが、換金するにもいくつか条件があるので確認しておきましょう。

  • 1,500円以上から換金できる
  • 振込が3万円以下だと500円の手数料がかかる
  • 口座の登録ミスなどで振込できなかった場合、1,000円の手数料がかかる
  • 一度振込申請をすると、実際に振り込まれるまで連続で申請はできない

さらに、換金するための設定も必要です。

  1. 本人確認書類をアップロードする
  2. 振込口座を登録する
  3. 上記①、②の登録後、審査を行い通過する

すぐ終わるものではないため、事前に済ませておきましょう。

換金方法

ここまで完了したら、溜まった収益を実際に換金していきます。

マイページを開く

ツイキャスの画面から下のマイページボタンをタップして開きましょう。

「収益管理」をタップ

アカウントメニュー欄の「収益管理」をタップ。

支払い申請を行う

自分の収益が表示されるため、この収益の支払い申請を行いましょう。支払い申請が完了すると、振込予定日を知らせるメールが届きますよ。

ツイキャスのアイテム収益、動画収益はいくら?

17ライブやラインライブなどライブ配信アプリが数多くある中でも、ツイキャスはより歴史の長いライブ配信アプリです。

しかし、昔から収益化できたわけではなく、2018年6月から投げ銭システムを導入。実は最近収益化できるようになったばかりなのです。

それてツイキャスのメインとなる収益方法は、いわゆる投げ銭となる「アイテム収益」と録画を視聴してもらう「動画収益」の2つ。それぞれいくらになるのかを解説します。

収益の還元率とは

まず収益化を狙っている人が覚えておきたいのが、収益の還元率があるということです。

ツイキャスでは視聴者が実際に使った金額が丸々配信者の収益になるわけではなく、ツイキャス運営側のマージンとして数パーセント引かれた後の金額が収益になります。

配信者側が受け取る比率のことを還元率と言います。この還元率はアイテム収益なら70%。他のライブ配信アプリは50%なので、かなり高い還元率ですね。

ちなみに、動画収益は還元率ではなく「1再生いくら」で計算されます。

基本の投げ銭「お茶爆」の収益なら

還元率70%で、ツイキャスの投げ銭アイテムである「お茶爆」を受け取ったらいくら手元に入るのでしょうか?

お茶爆

お茶爆には2種類あり、

お茶爆50=500円

お茶爆100=1,000円

となっています。還元率は70%なので、

お茶爆50→350円

お茶爆100→700円

が手元に残るという計算になりますね。

ただしアイテム収益で気をつけたいのが、視聴者が毎日貯めたポイントで購入したお茶爆だと1円も収益にならないということ。課金して購入したものでないと意味がありません。

さらに、条件にあったように18歳以上で3ヶ月の累計視聴時間が100時間を超えている必要があるため、参入障壁は高いですね。

過去の録画を見てもらう動画収益なら

過去のライブ配信を録画し、視聴者がその動画を再生した場合手に入る収益を「動画収益」と言います。

録画ライブ

視聴者が課金しなくてもライブ配信者は収益を得ることができますが、「1再生いくら」で計算されるためお茶爆よりはやすくなります。

金額は1円〜3円など幅がありますが、人気のライブ配信者になると1再生あたりの金額が高くなる傾向にあるようです!

ただ、動画収益の場合は条件も厳しくなります。18歳以上で、直近3ヶ月の累計視聴時間が1,000時間以上必要なのです!この条件をクリアしないと1円も収益にならないため、こちらも参入障壁が高いと言えるでしょう。

ツイキャスライバーの月収・年収

では、実際にツイキャスライバーはいくらぐらい収入を得ているのでしょうか?

ある人気配信者は、月収20万円くらいだと公言していました。これだけ還元率などが高いにも関わらず、17ライブなどで「月収100万!」という人と比べるとなんとなく物足りないですよね。

それはツイキャスのユーザー数はそれほど多くないことが理由として挙げられます。17ライブのように華やかなライブ配信というよりも、ゆる〜い雰囲気でおしゃべりを楽しむ、暇な時間に交流するというのがツイキャスなのです。

月収20万だと年収にして約240万。会社員として働きながらツイキャスをしていれば、本業の収入に加え年間240万も副収入があるというのは魅力的ではないでしょうか?

収益化するならライブ配信のやり方を工夫しよう

もしツイキャスで収益化してバリバリ稼ぎたいなら、ライブ配信のやり方を工夫することが大切です。ただおしゃべりしているだけだと、ほとんど投げ銭してもらえないためです。

それではどんな工夫すれば良いのかを解説します。

視聴者の課金が肝

お茶爆をもらってもそれが無料ポイントから購入したものだと、配信者は1円も手元に入りません。

アイテム収益にしろ、オンラインショップの「キャスマーケット」やクラウドファンディングとなる「キートス」にしろ、視聴者の課金が肝になります。

そのため、視聴者が課金してでも投げ銭や購入をしたくなるようなパフォーマンス力やトーク力が必要。「視聴者に応援されるには?」と考えながら、日々ライブ配信をしてみてください!

キャラ性とライブ配信の趣旨を確立

ツイキャスでは、自分のファンをつければどんどん稼げるようになっていきます。ファンを作ることは難しいと思われがちですが、自分のキャラクターを確立し、ライブ配信の趣旨を決めればそこまで難しいことではありません!

例えば…

キャラ性:関西弁をしゃべる、個性的な声の女性

趣旨:ホラーゲームのゲーム実況配信

キャラ性:明るい髪色にタレ目が特徴の癒し系男子

趣旨:寝る前の癒しをお届けするライブ配信

などは、「○○といえばこの人!」と認識してもらいやすいです。方向性を決めれば、いざライブ配信をするときのネタにも困りませんね。

ファンクラブやグッズ販売も

アイテム収益や動画収益だけでは視聴時間の条件があるため、すぐには稼げません。

しかし、ファンクラブを作ったり、キャスマーケットでグッズ販売を行ったりすることで、視聴時間の条件をクリアしていなくても稼げるようになります!

ツイキャスに慣れてきたら、ぜひ自分だけのファンクラブを設立したり、手作りのオリジナルグッズやプライベート配信のチケットを販売してみましょう。

 

ツイキャスでバンバン稼ぐにはややハードルが高いですが、月1万円や数千円程度なら毎日欠かさず配信することで条件をクリアし、稼ぐことも可能です。ぜひ挑戦してみてくださいね!