17ライブ

レベルは17ライブの初級〜上級者の目安!レベル上げ方法とメリット

17ライブで毎日配信をしたり、誰かの配信を見に行ったりするのって途中で飽きがきてしまいませんか?そんなモチベーションの低下を防いでくれるのがレベル機能です!

17ライブにはゲームと同じようにレベル機能がついており、経験値を貯めることでレベルがアップします。自分が初級者・中級者・上級者であることを示す目安にもぴったり。

今回はレベル上げの方法や、高レベルの特典・メリットについて解説します。

17ライブの「レベル」とは?

17ライブのレベル機能は、17ライブを利用することで経験値を上げていき、レベルアップする機能のことです。

ゲーム感覚でレベルを上げられるため、何も考えずに17ライブを使うよりも、レベルを意識すればもっと配信や視聴が楽しくなるはずです。

レベルアップではレベルの数字が上がるだけでなく、バッジの色やマークが変化したり、新たな機能が解放されたりとメリットもたくさんあります。

「称号」との違い

17ライブにはマイ探検やチャレンジ、ライバーグレードによって得られるバッジと称号があります。

称号は「肩書き」のようなもので、どんどん称号を集める面白さがあります。ただレベルとはまったく別物なので、称号とレベルには相関関係はありません。

マイ探検の称号

例えばマイ探検なら、100回コメントすると「コメントの達人」の称号が。

ライバーグレードの称号

ライバーグレードを上げると、もっとかっこよさげな称号が手に入ります。

  • レベルを上げて楽しむ
  • 称号を集めて楽しむ

17ライブにはライブ配信や視聴の他にも、そんな楽しみ方があることを覚えておきましょう!

プロフィールからレベルとバッジを確認する方法

自分や他のライバーのレベルはプロフィールから確認することができます。

マイページを開いて確認

17ライブアプリを起動したら一番右下のボタン「マイページ」を開いてみましょう。自分のアイコンの下に、色のついたバッジとマーク、数字がありますが、これがレベルです。

またバッジの左上には「レベル」と数字の表記があり、それが自分の現在のレベルになります。

他のライバーのレベル

他のライバーのレベルもその人のプロフィールを見ればわかります。自分と同じく、アイコンの下に色のついたバッジと数字がありますね。

プロフィールを見る他にも、コメントの色によってどのリスナーがどれくらいのレベルかを把握することが可能です。

レベルごとの色を覚えよう

17ライブをある程度やっている人なら、ライバーやリスナーによってバッジの色やコメントした際の色が違うのに気付いているでしょう。

実は17ライブのユーザーは、レベルによって色が異なります。

レベルアップによるバッジの色の変化

黄緑→青緑→水色→青→紫→ピンク→虹色→ゴールド

バッジの色は上記の通りですが、コメントの色はガーディアンやプライムユーザーになることでまた違う色やエフェクトに変わる仕組みなので、一概に「何色」とは言えません。

また、色と同様にマークもレベルアップごとに変わっていきます。

レベルごとのマーク

最初はハートマーク、次にプレゼント、バッグ、乗り物、最後にはティアラや王冠マークと、どんどん豪華になっていくのです。

緑色から青なった日には初心者を卒業した気分になるし、紫やピンクになれば「ここまで来たのか」と感慨深い気持ちになりますね。

17ライブでのレベル上げ方法

17ライブでレベルを上げて、できるだけ高レベルを目指したいですよね。そこで、続いてはレベルの上げ方を解説します。

レベルはライバー・リスナー関係なく統一されており、どちらの立場でも同じように上げられる仕組みになっています。

レベルを上げるために、まずは次のレベルまでどれくらいの経験値が必要になるかを確認しましょう。

レベルをタップする

マイページのアイコン左下にある、自分のレベルをタップします。

必要経験値を確認する

すると経験値が表示されました!ここで次のレベルアップに必要な経験値を確認しましょう。

その下に表示されているレベルアップ方法には、

  • ライバーと交流した回数
  • ライブ配信の回数

の2つが挙げられていますが、これだけだと抽象的でわかりにくいですね。そこで、それぞれの具体的なレベルアップ方法を見ていきましょう。

ただし、17ライブで経験値をもらえる行動は明記されていますが、具体的な経験値の数値は発表されていません。

ライバーとの交流

ライバーとの交流は具体的に次の通りです。

  • チェックインする
  • ライブ配信でコメントやいいねをする
  • ギフトを送る

基本的には、ライブ配信を見に行って積極的にコミュニケーションを取りに行くのがポイント。ここで特筆したいのがチェックインでもらえる経験値です。

チェックインとは、ただ17ライブアプリにログインするだけでなく、誰かのライブ配信を見に行くことです。

チェックインボーナス

チェックインすると、上記の画面のように「チェックインボーナス」という経験値がもらえます。

さらに毎日チェックインすることで無料のギフトがもらえるため、それをライバーに送信すれば、課金してギフトを送ったのと同じだけの経験値をゲットできるのも魅力!

チェックインボーナスは1日に1回しかもらえないため、毎日欠かさずライブ配信を見にいきましょう。

積極的なライブ配信

自分がライバーなら、積極的にライブ配信をすることで経験値が貯まります。

  • ライブ配信を行う
  • コメントやいいねをもらう
  • ギフトをもらう

たとえ誰も見にこなくてもライブ配信をするだけで経験値がもらえ、反応があればより多くの経験値を獲得できます。

毎日コツコツをライブ配信をし、リスナーに気を配って好印象を残し、いいねやギフトをもらってレベルを上げていきましょう!

17ライブでレベル30になるメリット

17ライブでは「初心者はまずレベル30を目指そう」と言われています。なぜなら、レベル30にならないと使えない機能があるためです。

ではレベル30になると何ができるのでしょうか?

名前変更(ID変更)で日本語と絵文字が使える

17ライブでの初回登録時、IDに設定できるのは半角英数字と「_(アンダーバー)」「.(ピリオド)」だけでした。

それがレベル30を超えると、自由にひらがな・カタカタ・漢字・絵文字を使えるようになるのです。

ライブ配信をするならリスナーに名前で覚えてもらうことが重要になります。

英数字だけのID

IDはライブ配信の画面にそのまま名前として表示されますが、英数字だけだとインパクトが足りないですよね。

日本語と絵文字のID

日本語と絵文字を使うことができればとても読みやすく、かつ目立たせることができ、覚えてもらいやすくなるでしょう。

ひらがな・カタカナ・漢字は合計で4文字までです。

また、名前変更できるのは1回だけなので注意しましょう。

ギャングが作れる

17ライブでは「ギャング」という、自分と自分のファン専用のグループを作る機能があります。ただ、このギャングを作るにはレベル30になる必要があるのです。

グループチャットを通じてリスナーに自分の活動状況を伝えたり、直接コミュニケーションができたりするので、固定ファンを作るならギャングは欠かせません。

ギャングはいわゆる、自分の招待制のファンクラブのようなものですね。

ギャングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

高レベルだと稼げるようになる?

レベルが高いからといって、それが報酬額に直結するわけではありません。またランキングにも直接影響しません。

ただ、レベルが高いと視聴者からは「この配信者は中上級者だ」と認識してもらうことができ、信頼されます。

初心者のライブ配信より手慣れた中上級者のライブ配信の方が面白いと認識されているんですね。

よって、レベルを上げることでより多くの視聴者を集めたり、ファンを作ったりすることができます。高レベルは間接的にですが、報酬額に影響するのです。

レベル90以上で特別演出も!?

レベル30を超え、レベル90以上になると、配信ルームに入室したとき特別なエフェクトがつくようになります。

つまり、かなり目立つのでライバーの目に留まりやすい・覚えてもらいやすいということ!

レベル90以上(バッジがピンク以上)のトップリスナーはライバーからも尊敬される存在のため、より高レベルを目指してトップリスナーになるのもおすすめです!

高レベルを目指して17ライブを利用しよう!

17ライブでの一番手っ取り早い経験値の稼ぎ方は「ライバーにギフトを送る」「リスナーからギフトをもらう」の2つ。

どちらも課金が必要になりますが、配信を見るだけやいいねするだけでも少量の経験値が稼げるので、無課金者でもレベルアップできるのが良いですよね。

17ライブで高レベルになれば、今まで使えなかった機能が解放され、さらに他ユーザーからも一目置かれる存在になります。

高レベルを目指して、どんどん17ライブを利用していきましょう!