インスタライブ

インスタライブの時にライトは点灯できる?画面を明るくする方法やおすすめライトも紹介

いつでも好きなときにスマホ1台でライブ配信が楽しめるインスタライブ。

ライブ配信中に「照明が悪くて、顔がきれいに映らないな…」と感じたことはありませんか?

そんなときは、顔を照らしてきれいに写してくれるライトの使用がおすすめです。

この記事では、インスタライブ配信用におすすめのライト(照明アイテム)と、ライトを選ぶときのポイントをご紹介します!

インスタライブ、ライトつけながらの配信はできない

スマホ本体のフラッシュライトを常時オンにして、ライブ配信ができたら便利なのですが、残念ながらインスタライブ配信中はスマホ本体のライトをオンにすることはできません

インスタライブ配信中はスマホの懐中電灯やフラッシュ機能は使えません!

つまり、明るい照明を利用して顔をよりきれいに写して配信したいのであれば、自分で人工ライトを用意する、自然光をうまく利用するといった工夫が必要になります。

インスタライブで顔を明るく写すには?

インスタライブ配信の際、「顔が暗い…」と感じるのは人工ライト・自然光どちらにせよ、顔に当たる光の量が足りていないのが原因です。

光の量を確保して顔を明るく見せるためには、光の差し込む窓や明るい照明が自分の正面にあるポジションでの配信を心がけましょう。

明るい方向を向いて配信しよう!
  • 日没前:カーテンを開けて窓の方向を向いて配信
  • 日没後:照明の方向を向いて配信

日が出ている間は、窓の方を向いて撮影することで顔を自然に明るく・きれいに写すことができますよ。

日没後は、家の中で一番明るい照明を正面にして配信してみましょう!天井の照明や蛍光灯よりも、自分の正面に置けるデスクライトなどの方が真正面から顔を照らしてくれるのでおすすめです。

逆に窓や明るい照明を自分のバックに持ってきてしまうと「逆光」となり、自分の顔がさらに暗くなってしまうので気をつけましょう。

家の中にあるもので明るくする工夫

続いて、家にあるもので工夫してインスタライブで顔を明るく写すアイディアをご紹介します。

ちょっとした工夫で顔をパッと明るく写すことができるので参考にしてみてください!

テーブルランプやデスクライトを使いこなす

部屋全体の照明が薄暗く、配信中に顔が暗いのが気になる場合は、テーブルランプやデスクライトを活用してみましょう。

基本的な使い方としては、スマホの少し後ろ〜横あたりにデスクライトを置いてあげるだけ。

慣れてきたら、自分周辺の明るさに合わせてデスクライトの置き位置を調整するのもいいでしょう。

たとえば、自然光の入る窓が自分の右手側にあるのであれば、光の弱い左側にデスクライトを置いてあげることで、左右均等に自分の顔を明るく照らすことが可能です。

白い紙や布を膝の上に置いて配信

白い紙や布を自分の膝上に置いてあげることで、下から柔らかい光を放ち、まるでレフ板のような効果が。

自然光や人工ライトと組み合わせて使用すると、かなり本格的に明るくなります!

また、配信中は白い服を着ると同じくレフ板効果で顔を明るく見せることができます。黒色など、顔をどんより暗く見せてしまうカラーの服は避けるのが無難でしょう。

ただ、配信のたびにデスクライトや白い布をセッティングするのが面倒…というのであれば、スマホでの撮影やライブ配信に特化した照明アイテムの利用がおすすめです。

インスタライブで写りを良くするおすすめ照明アイテム

ひと口に照明アイテムと言っても、SNS用の自撮り撮影向けのものから、プロ用のものまで種類はさまざま。どれが良いか悩んでしまいますよね。

そこで今回は配信向きのライトを筆者が厳選しました。この記事で紹介するおすすめのライトは、主に以下の4タイプです。

  1. LEDリングライト
  2. 自撮りランプ
  3. 女優ライト ドレッサー
  4. LEDビデオライト

それぞれメリットや向き不向きなど、適応するシチュエーションが異なります。

ここからはおすすめの商品リンクを掲載しますので、自分に合ったものをチョイスしてインスタライブを配信してみましょう!

おすすめ照明①:LED リングライト(卓上タイプ)

《参考:https://www.amazon.co.jp/

インスタライブ用おすすめライトひとつ目は、「LEDリングライト」。

名前の通りリング状のライトが、顔全体を明るく照らしてくれます。

リングライトの中央に、写真のようにスマホを装着できるので、スマホスタンドとしても活躍して一石二鳥です。

スマホリングスタンドを置く台さえあれば、どこでも顔をきれいに照らしながらライブ配信が可能に。

LEDリングライトは、自宅からインスタライブ配信を行うことが多い方におすすめのアイテムです。

おすすめ照明②:自撮りランプ

《参考:https://www.amazon.co.jp/

自撮りランプとはクリップ型のミニライトのことで、スマホに挟んで使用するタイプの照明アイテムです。

LEDリングライトと比べて持ち運びがしやすいので、自宅からだけでなく外出先で思い立ったときにライブ配信をしたい!という人におすすめ

スマホに挟んで取り付けるタイプなので、イベント時などスマホを手で持って動き回りながら配信する場合にも便利でしょう。

小型タイプなので顔をちゃんと照らしてくれるか心配…という方もいるかもしれませんが、LED補助光がしっかりと照らしてくれますよ。

外出先でよくライブ配信をする方は、バッグにひとつ常備しておくといいかもしれませんね。

おすすめ照明③:女優ライト ドレッサー

《参考:https://www.amazon.co.jp/

女優ライトドレッサーといえば化粧をするときのアイテムですが、実はインスタライブ配信時にも大活躍します。

撮影用ライトに劣らない明るさなので、女優ライトをオンにしてその前でライブ配信をすれば顔の写りをきれいに見せることができますよ。

LEDリングライトや自撮りランプと比べ、女優ライトは広範囲を強く照らしてくれるのが嬉しいポイントです。

インスタライブ配信のためだけに撮影ライトを購入するのはちょっともったいない…というのであれば、毎日の身支度・スキンケア時にも使える女優ライトドレッサーがおすすめです。

配信時は撮影ライトとして、そして配信をしないときは身支度用の鏡として活用してみてはいかがですか?

おすすめ照明④:LEDビデオライト

《参考:https://www.amazon.co.jp/

おすすめ照明アイテムのラストは「LEDビデオライト」。

LEDリングライトや自撮りランプと比べて、プロ感が増すアイテムですが、使用方法は簡単なのでご安心を。

使い方としては、お好みのカラーフィルターをライトと本体の間に挟んで調整して使用します。

シンプルな白色ライトだけでなく、気分や配信テーマに合わせてライティングを調整してライブ配信をしたい!という人にはLEDビデオライトが便利です。

ひとつデメリットとしては、リングライトや自撮りランプと比べてお値段が高めなこと。

ただLEDビデオライトは本格的な写真撮影時などにも使えるので、インスタライブ以外にも使える撮影用のライトが欲しい!という人にはおすすめです。

インスタライブ用ライトを選ぶときのポイント

続いて、インスタライブ用のおすすめライトの中から、さらに自分に合ったものを選ぶためのポイントをご紹介します。

インスタライブ撮影用ライトは手持ちよりも、「スタンド型」が便利!

インスタライブはスマホを置き、両手が空いた状態で配信することが多いので、手持ち型のライトよりもスタンドや卓上型のライトを選ぶと便利です。

さらにもっと利便性を追求するのであれば、①のLEDリングライトのようにスマホスタンドとして使えるライトがおすすめ

《参考:https://www.amazon.co.jp/

スタンド型のアイテムを選べば、ながら配信やスマホ画面でのコメントチェックなどをよりラクに行うことができますよ。

また、インスタライブ配信用にライトを新調すると同時に、配信内容もアップグレードすると視聴者の満足度をさらに高めることができるかもしれません。

インスタライブで人気の配信内容を参考にしてみたい!という方は、以下の記事をご覧ください!

インスタライブのネタはどうする?人気・おすすめのライブ配信ネタを紹介フォロワーやファンの人たちとの交流の場を手軽に作れるインスタライブですが、配信の回数を重ねると「ネタ切れ」に悩みますよね。 せっか...

屋外での配信が多いなら、スマホ装着可のライトがおすすめ

外出先など場所を問わずライブ配信をすることが多いのであれば、スマホに装着できる小型ライトを選ぶとよいでしょう。

《参考:https://www.amazon.co.jp/

こんな風にスマホに直接取り付けられるタイプのLEDリングライトもおすすめです。

小型なのでバッグに入れて持ち歩きがしやすいうえ、暗い屋外や室内でかなりの効果を発揮してくれるので必見です!

ライトを活用してインスタライブを楽しもう!

インスタライブ配信用におすすめのライトをタイプ別に4つご紹介しました。

顔の写りをきれいにしてくれるのはもちろん、ライトがあればインスタライブ配信がより楽しくなること間違いなしです。

ひと口にインスタライブと言っても、人によって配信場所やライティングの好みはそれぞれですので、自分に合ったライトを選んでみてくださいね。