17ライブ

17ライブのプライムユーザーとは?料金・限定特典・解約方法まで

アジアで人気のライブ配信アプリ、17ライブ。可愛いライバーやイケメンライバーはもちろん、中にはバーチャルのVライバーもいて、毎日多くの人が配信・視聴しています。

視聴者側として17ライブを楽しみたいというとき、基本的には無料で楽しめますが、安い料金で他のユーザーと差別化できる「プライムユーザー」をご存知でしょうか?

今回は17ライブのプライムユーザーについて取り上げました!プライムユーザーの料金と登録方法や、限定特典、そして登録の解除方法までをまとめて解説します!

17ライブのプライムユーザーとは?

17ライブには様々な機能がありますが、中には課金が必要なものもあります。プライムユーザーも課金機能の1つなのですが、ライバー(=ライブ配信者)に投げ銭をするものではありません!

プライムユーザーとは、17ライブの有料会員のこと。無料会員と有料会員に分かれていて、プライムユーザーに登録することで無料会員には無い特典が受けられます。

いわゆる17ライブのVIPユーザーのようなものです!「ちょっと特別扱いしてほしい」というときに便利ですね。

プライムユーザーの料金

「特典が受けられる!」というときに気になるのが料金です。プライムユーザーになって、さらに継続するには、毎月9.49ドル(日本円換算で960円)を支払う必要があります。

また、プライムユーザーのメニューは1つのみで、会員グレードなどは決められていません。

最初に申し込み(登録)をしてしまうと後からキャンセルできないため、プライムユーザーの登録解除をして課金を止めたい場合には翌月まで待たなければいけません。

そして最後に、プライムユーザーの会員権は、キャンセルしない限り登録した日の翌月同日に自動更新されます。例えば9月15日に登録したら10月15日に更新という形です。

ただここで注意したいのが、請求は更新日の24時間前ということ。9月15日に登録したら、次の請求は10月14日にあるということです。

プライムユーザーのなり方・登録方法

月額960円くらいならあまり負担に感じない人も多いので、ちょっと登録してみようかなと思う人もいるのではないでしょうか?

そこで、プライムユーザーへの登録手順も合わせて解説します。

マイページを開く

まずは17ライブアプリを起動して、右下にあるボタンをタップしてマイページを開きましょう。

「プライムユーザー」をタップ

続いてメニューの中から「プライムユーザー」を探してタップします。

960円をタップ

すると、こちらの画面に移動します。真ん中のショッキングピンク色のボタン「毎月960円」をタップしましょう!

承認して登録する

すると、App Storeの確認画面が出てきました。ここで「承認」をタップしてパスワードを入力することで、プライムユーザーの登録が完了します!

また人によってはApp StoreではなくiTunes StoreやGoogle Playなどが開くため、それぞれの方法で課金を承認して登録しましょう。

登録したと同時に960円が請求されるようになるので、毎月の請求をチェックすることも忘れずに!

17ライブの魅力的なプライムユーザー特典

プライムユーザーになるとどんな特典が受けられるか気になりますよね。

毎月たったの960円ですが、この安い値段でも他のリスナー(=ライブ視聴者)と差をつけることが可能です!

そこで、プライムユーザーの魅力的な特典をご紹介します。

イチナナのプレイムユーザー限定バッジ

17ライブのプライムユーザーになると、VIP会員であることを示すための特別なバッジがつくようになります!

プライム限定ダイヤモンドバッジ

自分のバッジ&称号システムを確認すると、プライムユーザーのピンク色のダイヤモンドバッジが表示されるようになるのです!

他にも、ライブ配信画面でも自分のアイコンやコメントの横にバッジがつくようになっており、一目で他の無料ユーザーと区別をつけられるようになっています。

特別なバッジがあるだけで優越感も感じられますし、称号などをコレクションするのが好きな人にとってはそそる内容なのではないでしょうか?

ライブ配信への入室・コメントが目立つ

バッジが付いているだけでは物足りない…!そんな人も安心してください。

実はプライムユーザーになることで、ライブ配信の部屋に入室すれば「プライムユーザー○○さんが入室したよ!」と特別な通知が表示されるようになります。

派手な入室通知が表示される

また、そのライブでコメントした場合にも、無料ユーザーは黒色に対しプライムユーザーはショッピングピンク色で表示され、画面上ではかなり目立つ存在に!

ショッキングピンクのコメント

ショッキングピンクって蛍光色ですから、人の目を引きやすいんですね。

他のリスナーより目立てばライバーの目につきやすくなります。

ライバーが名前を呼ぶ・質問に答えるなどのリアクションをくれたり、リピーターだと気付いてもらえたりなど、ライバーと仲良くなることも可能なのです!

ヘビーユーザーはライバーと仲良くなりやすい

実は17ライブでは、ヘビーユーザーほどライバーと仲良くなりやすいという特性があります。

ヘビーユーザーの方が17ライブの機能やルール、マナーなどを熟知しているため、ライバーも絡みやすいですし、何かあったときには頼りにされることもあるんですね。

17ライブを始めたばかりの人はあまりプライムユーザーに登録しないため、「プライムユーザーである=ヘビーユーザー」という認識が強いのです。

ある程度17ライブに慣れた人なら、ぜひプライムユーザーになってみることをおすすめします!

プライムユーザーとアーミー・ガーディアンはどれがいい?

17ライブにはプライムユーザーの他にも、特典を受けられる課金機能があります。代表的なのは「アーミー」と「ガーディアン」の2つ。

アーミーとは:

そのライバーのファンから結成される「軍隊」や「応援団」のようなもので、大佐や軍曹などのランクがあります。

ランクごとに特典も変わり、よりライバーの近くで応援できる機能です。支払った料金の数%はライバーの収入になります。

ガーディアンとは:

ライバーの守護者、いわゆる「マネージャー」や「応援団長」のような存在です。ライブ配信を盛り上げるために活動するため、ライバーが頼りにしている存在でもあります。

1週間に1人のみという制限があるうえにオークション制での入札方式。一番ライバーに近いリスナーだと言えます。

どれも課金が必要ですし、特典も付いているので、どれを選べばいいか迷いませんか?

特定のライバーのファンというわけではなく、いろいろなライバーを広く浅く応援していたり、安い料金でも無料会員よりかは目立つ存在でいたいときにはプライムユーザー。

複数のライバーのファンで、彼ら・彼女らに自分のことを覚えてもらいたいときにはアーミー。

そして特定のライバーの大ファンで、スムーズなライブ配信になるように手伝ったり精神的な拠り所となったり、何かの役に立ちたいときにはガーディアン。

あなたの好きなライバーがいるかどうかや、どれくらいイチナナで活動したいかの度合い、そして金銭的な余裕などからみて、なりたい種別を選ぶと良いでしょう。

もちろん、お金はかかりますが、すべての種類を併用することもできますよ!

17Liveでプライムユーザーを解除(解約)するには

プライムユーザーの特典が後から不要になったとき、またはアーミーやガーディアンになるからプライムユーザーは辞めたいというとき、課金をストップしたいですよね。

プライムユーザーを解除するには17ライブアプリからは設定できないので、スマホの設定画面を開かなければいけません。

ここではiPhoneとAndroid、2つの方法での解除の手順を解説します。

iPhoneでの解約方法

iPhoneに標準で入っている設定アプリを開きましょう。

iTunes StoreとApp Store

メニューの中から「iTunes StoreとApp Store」を開きます。

Apple IDを開く

続いて上部のApple IDをタップ。

Apple IDを表示

さらに「Apple IDを表示」のボタンをタップします。

サインインする

ここでパスワードを入力してサインインしましょう。

サブスクリプション

アカウント情報が表示されるので、メニューから「サブスクリプション」をタップして進みます。

すると自分が課金したアプリが表示されるので、17ライブを選んで課金の登録を解除(キャンセル)すれば完了です!

Androidでの解約方法

まずはAndroidでGoogle Playを起動します。

GooglePlayトップ画面

 

左上の三マークを押し、開いたタブを下にスクロールして「定期購入」に進みましょう。

定期購入

 

定期購入を開き、17ライブの登録をキャンセルすれば完了です!

17ライブで手軽に目立つならプライムユーザーはいかが?

プライムユーザーはアーミーやガーディアンと比べて料金が安いですし、ガーディアンのようにライバーごとの人数制限もありません!

それでも入室通知やコメントは目を引きやすいショッキングピンクだったり、特別なダイヤモンドバッジがついたりと、他の無料会員としっかり区別が付けられています。

プライムユーザーこそが、17ライブの中で最も手軽に目立てる機能だと言えるのではないでしょうか。

「そこまでのめり込めるライバーはいないけど、ちょっと目立ってアピールをしたい…」そんなときには、プライムユーザーになってみるのがおすすめです!